岐阜羽島で家族と建てるオリジナル一戸建て・リフォームのことならKJ設計  いますぐお電話…058-391-7667

KJ建築設計事務所
建築事例トップへ前へ次へ

建築事例 #14 「散歩道の家」 自然とつながるのどかな暮らし

散歩道の家

アクティブなご夫婦に相応しい場所を探し、ここへたどり着きました。
交通のアクセスが良い割に、自然豊かな立地。川沿いの堤防道路から見える、のどかな場所です。

しかし、いわゆる”普通の敷地”とは少し異なりました。
細長い土地と、北道路という課題。それを克服し、耐震等級3まで確保した住まいは、 南北に長い敷地を最大限に生かせるように工夫をこらして設計しました。

人々が散歩する、のどかな堤防道路。
川のせせらぎや、鳥の声を毎日感じて暮らしてゆける、素敵な住まいになりました。

リビング

KJ's Design>
南のリビングには吹きぬけを設けています。この物件は南面が隣地ですので、いつか隣に家が建ったとしても、日光が2階から入るよう考えられています。

2階の床を一部低くすることで、その光は増大し、視覚的にも窓が近く感じます。その効果で、ありがちな吹き抜けであっても、井戸の底にいるような感覚になりません。
この2階の窓から、自分だけの空を眺めることが出来るよう設計されています。

リビングには、TV棚と本棚も設けられています。棚はあえてアイアンで支えて、ペンダント照明と雰囲気を合わせてあります。





畳の間(リビング)

KJ's Design>
フローリングのリビングに対し、寝転がってくつろぐこともできる、畳の間を隣接してつくりました。襖を閉め切ると個室としても使え、開け放てばリビングと一体。生活シーンに応じて自由に使い分けられる設計です。 襖(ふすま)紙には、ウイリアムモリス*の壁紙を採用し、木肌の色との調和に配慮しました。

*William Morris(1834-1896):英国人、デザイナー、クラシカル・テキスタイル、モダンデザインの父、壁紙デザインの第一人者。





キッチン



KJ's Design>
キッチンは、こだわりのオールステンレス製。床の無垢材、壁の漆喰とともに「本物である」ことへのこだわりです。西にある中庭に向けてあるので、庭を眺めながら家事をすることができます。取り囲んでいる扉も、すべて無垢材で作られており、暮らしとともに味わいが増していく楽しみがあります。

キッチン収納の横には、あると重宝するデスクを設けています。キッチンの奥にも窓があって、ゴミ出しなどの「裏動線」もしっかり確保できています。

リビングの階段は、キッチン前から上がります。二階へ上がる子供にも目が行き届き、コミュニケーションができるような設計。 駆け上がっていく子供との会話シーンが目に浮かびます。





中庭デッキ

KJ's Design>
西の中庭にはデッキを敷きました。中央にはジューンベリーの木を植え、樹、花、果実、紅葉と、四季を通じて楽しむことができます。

中庭側面に見える窓は浴室で、中庭へ出ることが出来ます。
夏にはここで、プール遊びも出来ますね。





二階ホール

KJ's Design>
二階ホールは、本棚と収納を用意して、書斎代わりに使えるようにしています。それだけではなく、物干しスペースなど、様々な使い方に対応できる、便利な空間です。





子供部屋と寝室

KJ's Design>
黄色い壁が特徴の子供部屋は、男の子でも女の子でもく使えるように、色や雰囲気を選びました。

KJ's Design>
寝室は畳敷きです。
一部板張りにして、鏡台などの家具を置けるようにしてあります。
壁の色は、落ち着いた色調にしてあります。





洗面とトイレ


KJ's Design>
洗面化粧台は、なんと「実験用流し」でつくりました。モザイクタイルとあわせたデザイン性とともに、大きな洗い物にも対応できる、実用性を兼ね備えています。

トイレの手洗いには小さなボールが用意されています。
壁のニッチ(飾り棚)は、筋交いを避けて設置されていて、構造耐力を落とすことなくデザインを実現しています。





人を優しく迎える玄関と廊下

KJ's Design>
木製ドアで、「人を優しく迎え入れる」入り口に。
床は天然石を敷き詰め、自然豊かな敷地とのつながりを考えたつくりにしました。巾木(立ち上がりのコンクリート部分)までを同じ材で仕上げることにより、天然石の存在感がしっかり現れるようしています。

玄関を入ると、背の低い手作りの木製下駄箱があります。
壁の漆喰塗りとともに、柔らかい雰囲気を醸し出すよう配慮しました。小窓には、開いたときに中が見えにくいよう、アンテイークステンドグラスが可動式ではめ込まれています。

玄関からは、天然大理石モザイクの曲面壁にそって通り、リビングへの入り口につながります。廊下のドアにも玄関同様に、アンティークステンドグラスを取り付けています。




外観

KJ's Design>
長い建物の中央を開き、そこへプライバシー空間を取るとともに、南北の屋根を分けて単調にならないよう配慮しました。外には木の塀や格子を設け、素材が時間の経過を経ていく様を見られるようにしてあります。

玄関横のシャッターには車庫があり、外から車が見えないよう配慮しています。建物ではなく塀にすることで、費用をかけずに、防犯とプライバシーを守ることができます。


建築事例トップへ前へ次へ